SP007 自分を褒める

努力が辛いと感じたことはありますか?昨日の自分より一歩進むための努力は大切だと思います。しかし、努力の結果というのは、すぐには現れてきません。辛いと感じることは、どこかに無理があること。問題なのは、多くの人、私も含めて、自分に対して案外冷たいということだと思います。

これくらいなら、大丈夫。

努力が足りない。

自分の能力はこんなものじゃない。

自分はこんなと言い聞かせていませんか?目的のために頑張ることが大切な時期もあります。ただ、いつもがむしゃらに頑張るだけでは、限界があります。同じ頑張るでも、楽しく頑張れる方法が取れると、頑張る努力でなく、楽しく行動できる様になれますね。

もし、あなたの部下や子供、パートナーが努力していたら、なんと声をかけますか?

        「よくやってるね」

        「成果出ててるじゃない」

        「うまく行っているみたいだね」

そんな言葉をかけるかもしれません。多少及ばないとわかっても、褒めてあげるるのではないでしょうか。無条件に褒める。教育現場でも、褒めることの重要性は認知されてます。自分に対して出来が良くなくても、大袈裟に褒めてください。なんだか、嬉しくなります。他人が見たら、ちょっと変な人ですが。嬉しくなったら、身近な人も、称賛してあげましょう。きっと、雰囲気が明るくなりますよ。しかも、あなたが、失う物は何もありません!

今日、寝る前に自分ができた事を褒めてください。きっと良い夢が見られるかも!

今日のプチワーク 007 : 「今日寝る時、今日できた事を一つ馬鹿みたいに褒める」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA