SP038 やる気が出ない時に自分にやらせる方法

やらなければならない仕事があっても、気が乗らないこともありますね。そんな時は、今やらなくてもいいことが気なったりします。できない自分の向き合いたくないので、無意識がそうさせているのかも知れません。笑笑

そんな時は、こんな時間管理方法を試してはいかがでしょうか?

ポモドーロ・テクニック
イタリア人のフランチェスコ・シリロによって考案された時間管理の方法。「ポモドーロ」は、イタリア語でトマトを意味する言葉で、トマト型のキッチンタイマーを使用したことからきている。

  1. 達成しようとするタスクを選ぶ
  2. キッチンタイマーで25分を設定する
  3. タイマーが鳴るまでタスクに集中する
  4. 少し休憩する(5分程度)
  5. ステップ2~4を4回繰り返したら、少し長めに休憩する(15分~30分)

気の進まない仕事を取り掛かる場合には、瞬間的にやらない言い訳を思う浮かべるものです。しかし、考える間を与えず、ヨーイ・ドンとされると、短期ながら集中できる性質があると思います。私は、最初、25分で行いますが、時間が許せば、2回目は60分で設定しています。効果は、個人によって異なると思いますが、私は、結構集中できます。

スマホのタイマーで計測する方法もありますが、アプリを使うと便利です。無料の「集中」がお勧めです。iPhone版Andoroid版があります。

  • 集中時間が、10分、25分、60分、任意が選べる。
  • 集中時間が終了すると、ブザーとバイブでお知らせしてくれる
  • 集中時間が終わると、自動的に休憩時間に移り、休憩時間の長さを指定できる

バックグラウンドの音源はないので、使う時にYOUTUBEの作業系のBGMを流しています。

YOUTUBEのBGMでも「ポモドーロ・テクニック」を使用してBGMをアップロードしているYOUTUBERもいます。例えば、「波の音で集中!」などがあります。

スマホにしろ、YOUTUBEにしろ、自分の合ったものを選ぶと良いです。

今日のプチワーク 038 : 「実際に、ポモドーロ・テクニックを試してみる」

短時間を積み重ねることで、大きな時間を得ることができますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です