SP041 時間泥棒に気をつけろ

質問です。今、あなたの年齢は幾つですか?仮に40歳としましょう。人生が100年と言われていますが、100年なら、60年ありますね。今は、会社に勤めていますか?会社員なら、60歳や65歳で区切りがつくと思います。60歳時点で現役世代のような仕事はとても出来ませんね。そうしたら、60歳までには、セカンドプランが実行できるようにならないとリスクが高いですね。そうすると、60歳までは20年。20年だけれども、気力と健康が両立して、行動していける時間はどのくらいでしょうか?

今、使っている時間の内訳は、下記に分類されます。

  • 生命維持の時間:睡眠、食事など
  • 生活維持の時間:家事、買い物の時間(食料品、日用品)
  • 生計維持の時間:勤務時間、通勤時間、通勤支度の時間

この分類みて、自分の使っている時間を思い浮かべると、人生で使える時間は思っているより短いとわかるでしょう。

でも、その大切な時間を盗む奴らがいます。時間泥棒は大抵、あなたに近い人たちです。

1 嫌々勤めている会社:会社は、通勤時間も合わせて、多くの時間を奪っています。好きな仕事でなく、将来のためにならない会社勤めなら、見直した方が良さそうです。

2 時間意識のない身近な人達:彼らは時間の観念が希薄です。時間のかかるものとかからないものの区別が出来ません。仕事に期限を付けないので、大して時間がかからない仕事も、意味もなく時間をかけて仕上げます。彼らは悪気がありません。彼らの時間の流れは彼ら特有の流れです。なので、彼らは当然の顔して、にこやかに笑います。あなたの時間に対する考えと彼らの時間に対する考えのうち、どちらが正しいかどうかを判断する事は無意味です。生き方の違いですから。ただ、時間被害を蒙るのは、あなたです。

3 SNS、ネット:中には、計算して時間を奪っていく奴らもいます。彼らのアジトはシリコンバレーです。とても高給取りな天才達です。彼らはアクセス数をアップさせる為にあらゆる手段を使ってきます。天才の彼らに打ち勝つことはできません。利点も多いので、時間被害が最低限で済むようにしましょう。

4 なんとなく続いている「しきたり」:年賀状を送らない人が増えています。今までやっているからという理由で続けるのは時間の無駄です。

5 テレビ:一方的に情報を受けたい方はどうぞ。見たい番組はお金の払って見れば、テレビの場所が空くし、時間も節約できます。テレビはオワコン。すぐ捨てましょう。

6 あなた本人:実は、もっとも時間を奪うのは、自分自身です。見に覚えがあるでしょう。笑 

では、どうしたら、時間泥棒に時間を奪われないか?

一週間に使った時間を、一時間単位で書き出しましょう。すぐに、無駄時間が判明します。

今日のプチワーク 041 : 「手帳に、一週間の時間の棚卸しを記載する」

見える化は実生活でも有効ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です