SP045 不安に向き合うことが人生の転機になった

 

この記事を読むと、将来の仕事への不安が軽減され、自分の一歩を歩みたくなります。

転職しても問題解決にはならない


私は、会社の早期退職に応募して、定年前に会社から卒業しました。仲の良い同期に、退職を打ち明けると、彼は、溜まっていたものを吐き出すように言い出した。「実は、俺も早期退職を考えているんだ。このまま定年まで勤めていても定年後は、収入が激減するし・・・でも、退職後の収入が心配だし、踏み切れないんだよね」
以前の自分と同じだと思いました。不安が堂々巡りして、何をしていい解らない・・・かといって、中高年の転職状況は厳しいし、転職しても仕事に対する根本的な解決には、ならないだろう。私の場合、そうして何となく数年が過ぎてしまいました。

私のようにならない為に、アクションリストをシェアしたいと思います。あなたの人生の参考になれば幸いです。

不安を諦め、生き急ぐことを止めたことが人生の転機となった

結論から言うと、生き急ぐ心を鎮め、不安に向き合い、ひとつひとつ「良くわからない」ものを明確にしていく作業を繰り返すことをおすすめします。アクションリストを作ってみました。

■収支分野(守備)

  • 80歳までの収支計画を作る
  • 家計簿で自分の費用を明確化する
  • 圧縮できるものをタスクリストにする

 

■仕事分野(攻撃)

  • 現在の仕事の不満点と感謝を10個づつ書き出す
  • 自分の制約(お金、能力、機会、人間関係など)を解除した無敵状態で、やりたいことを50個書き出す
  • やりたいこと一つ選び、どうすれば収入に結びつくか考える

 

■人間関係分野(援助)

  • 会社関係以外の人脈を広げる
  • 経営者や起業家と会う
  • セミナーや勉強会に参加する

深堀り解説、退職届を出す前に考えること

収支分野は、生きていくための守備です。お金の見通しを立てて確認し、無駄が有れば見直しして、生き残れる時間を増やします。私の作ったエクセルで作った収支表をダウンロードできます。よかったらお試しください。

今、貯金が600万円あったとして、リストラされ来月から収入がなくなるとします。今まで、月々30万円使っていたら、1年7ヶ月は無収入で乗り切れます。もし、月々の支出を20万円に抑えられたら、2年6ヶ月になり、9ヶ月に猶予が増えます。あなたのお金は、下記の式で表現されます。出ていくお金(消費、浪費)を再チェックしましょう。

ダウンロード:人生収支表

生活防衛資金=収入-消費-浪費-貯蓄


仕事分野は、収入を得る為の攻撃になります。現状の仕事の不満点と感謝すべき点をあげると、現在の職場や仕事を客観的に捉えることができます。なぜ、客観的になる必要があるかといえば、感情的になると人は選択を誤りやすいからです。その上でやりたいことをあげましょう。やりたいことは、お金に結びつかないことが多いですね。多くの人はそれで思考を停止させてしまう。しかし、それでは今までと変わらない誰かに使われている人生だと私は感じました。定年後の厳しい雇用環境が来る前に、会社に給料をもらいながら、余裕をもって自分らしい人生を考えることは有益だと思います。


人間関係分野では、先往く人に支援をしてもらう関係を作ることが目的です。人は自分の力だけで、成し遂げることは多くないと思います。

不安は人生を変えるサイン 変化はチャンス

私自身、不安なサラリーマン生活を過ごしていました。しかし、不安を嘆いていても現状は変わりません。ちょっと、嫌ですが自分と向き合い、不安は今までできなかったことをやるチャンスが来たんだと思うことにしました。今でも別の不安もありますが(笑)、前進を続けていると感じています。

今日のプチワーク 045 : 「人生のチェックリストに取り組もう」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA