SP050 【観察者になる】苦手な人との関わり方 楽しく諦めるのが最強

この記事を読むと、苦手な人がいても気分が楽になります。

「職場で、苦手な人がいます。最近は、会社に行くのが憂鬱です。どのように関われば楽でしょうか?」

結論:逃げれない場所なら諦めて向き合おう

結論から言いましょう。苦手な人から逃げられない場合は諦めましょう。(笑)これだと、何の解決にもなりませんね。(笑)楽しく、諦める方法を説明しますね。最後まで、御覧ください。

会社は逃げられない場所の一つ

お金がないと生活に不便ですね。会社はそのお金が得られる一つのシステムです。会社に頼らないとしたら、自分で事業を起すか、誰かに養ってもらわない限り無理ですね。会社では縁もゆかりもない人を部署という器に放り込むわけですから、今のあなたが苦手とする人もいるかも知れません。力関係でマウンティグをする人、嫌な仕事をうまく逃れる人、攻撃的な人、ネガティブで話すと自分が暗くなりそうな人、色々いるでしょう。会社は閉鎖的な空間ですので、逃れる余地が少ない。


つまり、会社では、辞めない限り、苦手な人と接する必要が出てくる訳です。また、頻度は落ちますが、会社以外でも兄弟親戚、近くに住人など苦手な人はどこかで出会う場面はありますね。その場合、なるべく会わないようにすればいいですが、会社という閉鎖的な空間では、とても無理でしょう。だから、諦めましょうとお伝えしたのです。

諦めても降伏する必要はない   うまく立ち向かえ!


諦めたからといって、我慢する必要はありません。我慢はいずれ破錠しますね。苦手な人の影響であなたの人生がつまらなくなるのは、勿体ないと思います。対処法をご説明しますね。


そういう人だと客観的に捉えて苦手を研究する


漫然と苦手だと考えると、気分も憂鬱になってきます。人間はわからないものに不安を覚えるからです。そこで、客観的に捉えるため、苦手な相手のどこが苦手なのかを書き出してみましょう。例えば、話すとマウントを取ってくる部長だとしたら、

  • 昔の成功体験を何度も繰り返す
  • 人の意見を聞いているふりをして、自分の意見に持っていこうとする
  • 都合の悪い時は、その場から居なくなる


書き出すとなんだか、スッキリして楽しくなるかも知れません。気分は動物観察に似ています。相手が動物だったら、怒っても仕方ないし、パターンを知ると案外単純なんだなと笑えるかも知れません。

苦手な人を実況放送する


苦手な人を「研究」していると苦手な人の特定の動作や言葉、雰囲気が苦手だと気付くと思います。苦手な人が書き出した動作をしたら、アナウンサーのように実況してみましょう。フリーアナウンサーの古舘伊知郎さんをご存知でしょうか?プロレスやF1レースの実況で人気者になりました。彼のトークは、普通思いつかない例えや大袈裟な表現がとてもおもしろく感じました。

 
「ここに来て、部長は必殺雲隠れを繰り出した!いない人間には相談も出来ません。これはとても有効な作戦ですね」

 
きっと、悔しいよりもおもしろくなりますよ。(笑)

反面教師とする 実は自分の中にも苦手が居るかも?


苦手な人を冷静に観察できるようになったら、いいところを真似て、悪いところは変面教師としましょう。相手の嫌なところは往々にして自分の中にあって、そんな自分を無意識に嫌っている場合があります。先程の部長の「必殺雲隠れ」だったら、本当は自分も逃げたい、責任を負いたくないという、自分だけずるい、などの後ろ向きな理由があるかも知れません。自分の心と対話してみてください。きっと、心が軽くなると思います。

今日のプチワーク 050 : 「苦手な人の仕草を観察しよう」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA